12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
応援にひと押し。→
2006-03-20 (Mon)
なんで毎週、日曜になるとケンカしてしまうんだろう。
向き合う時間が長くなるから、それでケンカになっちゃうのかな…。
そんなコト言ってたら一緒に暮らせないじゃんか。
ケンカの原因は、彼が柚菜の気持ちを全然分かってくれないから。
イヤって言ってるのに本気のイヤに取れなかったらしい。

あぁ…。
ブログを書きながら突然、気付いてしまった。
ケンカの根本が分かってしまった。
やっぱり柚菜の思う「彼の嫌いな部分」が原因なんだ。
夢中になったら手に負えない、これだ。
柚菜がいくらイヤって言っても、手に負えない状態になったんだ。(←これがケンカの内容)
だからだ。
そして言葉の真意を理解できない。
それから女心が分かってない。
この3つが絡み合ってるんだ。

彼の行為に腹が立ち、放っといてとメールする。
―話し合い。
彼は凹んでいた。
自分が悪いコトをしたんだと理解したようだった。
そして柚菜にも気分はどぅかと聞いてくる。
最悪よ。何もかもがイヤだわ。そぅ答える。
これが1番彼には堪えるのよ。柚菜の病気の再発を疑うから。
そもそも柚菜がイヤだったのにはわけがある。それは女心の部分になってしまうんだけど、女心を教えてやると豪語している柚菜だけど、これはコンプレックスにも関わってくるので、教えられない。
時間が経ったら、あの時はねー、って話すのもありかもしれないけど…。
というか、毎週泣いてる。そして今週も泣いた。
それも話している間に2回も泣く羽目になる。
多少怒鳴ったりもした。
最近、感情があらわになりすぎる傾向にある。
一生懸命抑えようとしているんだけれど。
そして彼はまた柚菜を落ち着かせるために時間を費やすコトになるわけ。
これも同じコトの繰り返しをしているわけだ。
もっと違ったコトは出来ないものかと思う。
だけど確実に彼は柚菜から色々なコトを学んでいってると思う。
柚菜は彼に対してそんな何かを学ばせる程、立派ではないけれど、柚菜から見ても彼には乏しい部分がある。
それは何かというと、感受性。
感受性を豊かにするというコトは、今よりももっと心が穏やかになれるだろうし、もっともっと人の言葉の裏に隠された心の動きなんかが理解できるようになるんじゃないかと思う。
女性は男性と比べると感受性の豊かさは格段に違う。
というコトは感受性を豊かにするコトは必然的に女心なんかも理解できるようになるんじゃないかなぁと思う。
よし、予定変更だ。
彼には女心云々よりもまずは感受性豊かになってもらおう。
やっぱり同じ目線で物事を捉えられたら、それまた一緒にいても楽しいじゃない?
スポンサーサイト
| ケンカ! | COM(3) | TB(0) |
応援にひと押し。→















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。