123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
応援にひと押し。→
2009-05-14 (Thu)
イライラして気持ちがささくれ立った時、


『いーっとする』

とあたしたちの間では言っている。



******

会社での話。

みんなから敬遠されている人がいて、
どういうわけか、あたしがその人に避けられている。

あたし的には、その人が敬遠されてようがされてなかろうと、

『避けられている』

という事実に腹が立っていた。


*******


あたしは基本的に人に八つ当たりしない。
ものにも余り当たらない。
どうやって解消するかと言うと、とにかくその出来事を話す事で昇華する。

だから彼に聞いてもらいたくて

「いーっとする」

というメールを送った。
その日の彼はとにかく忙しかったようで話が出来なかった。
だから再び彼にメールを送った。

「あなたが忙しかったのし、タイミングが合わなかったのは仕方のないコトだと思うけれど、
それでもあたしがなにかに腹を立てているのは伝えてあるんだから、
何があったのか話を聞けるように時間を作ってほしかった。
優しい言葉をかけてほしかった。」


******

翌日、あたしの気持ちを汲んでくれた彼は、話をする時間をくれた。


もちろん、きちんと昇華する為には、事細かに話さないとダメなんだけど、時間があまりなかったから、はしょって話した。

彼は

「気にするなよ。
みんなから嫌われているんでしょ?」

という。

気にしない方がいいということは分かっている。
だけど、こんなことがあって腹が立っているんだというのを分かってもらいたかった。

だからメールしておいたのに・・・なぁ・・・。

なんて思ってしまった。
話を聞く姿勢をとってくれたのは嬉しかったけど、でも100点じゃない。

もっとも100点は彼には無理だろうと思っていたけど。


気にすることない

慰めでも優しさでもない言葉だとあたしは思う。
どうしても、投げやりな言葉にしか思えない。
その一言ですべてが済んでしまう。
損なのは承知のうえで話しているんだから、
ただ黙って話を聞いて、
そして、
オレは味方だから
とかなんとか言ってくれるだけでよかったのに。


彼は60点かな。
もう少し、得点UP目指してね。
スポンサーサイト
| 彼がだいすきっ! | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。