12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
応援にひと押し。→
2008-06-12 (Thu)
なんだかよくわからないことになった。

実は今日、面接してきました。



元々、あたしは地元の、とある事業所(以下、『事』とする。)に

申し込みをしました。

後日、派遣元(以下、『派』とする。)から連絡があり、まだ人をあてがっていないから、

是非登録してからお願いしますといわれて



さっそく、登録した。




んで、一通りの面談を済ませて、あたしの経歴書を作ってくれて、



それを『事』に通した。




そしたらそれがなぜか、そこの『事』の本社(以下、『本』とする。)から

『派』に連絡が入り、『本』でも希望してくれないかといってきた(らしい)。



それが次の日には、『事』ではなくて『本』で面談をして

『本』に来てほしいという話になった。


派からの話によると、





事:実は今回応募してきてくれた方(ここではあたしになる)が、経理経験があるんですよー。

本:おぉ。だったらうちのほうでも視野に入れてくれるようにいってくれないか。


そしてあたしは相手先の心象を良くする為に断るわけにいかないと思い、
事業所希望するのを念押しして一応快諾した。

事:それでしたら、うちのほうは違う人を探してもらうようにいいますよー。

   そのほうがそっちにいってくれるでしょう。






という話になったらしく、地元の方はダメになったといわれた。


そんな経緯を踏まえて、今回の面接に挑んだ。

派の営業さんからも自己紹介は完璧だったと思いますよと思いがけなく褒められた。



なので、経緯も経緯だったし、わりと余裕な気持ちで合否の結果をまった。

夜になって、派から電話がきた。


応援にひと押し。e_01.gif


派:それがですねぇ・・・。



なんだか出だし口が重い感じがするのは・・・

もしや・・・落ちたということ・・・?



でも話を聞いてみると



再び、派予想の会話です。





事:どうでした?

  今回の面接。
本:やーそれがさー、思いがけない良さそうな人が

  きてくれたよー。

事:えーそんなにですか??

  だったらうちでも面談してみたいんだが。


本:おーいいんじゃないですか?

  こちらから派にいってみましょう!



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

というやりとりがなされたらしく、

明日は事業所に出向き、再び面接です。



なんだか二転三転している。



事業所の話はなくなったって言われたから、

ぶらぶらしているわけにもいかないからって諦めて

本社に面接しにいって、その雰囲気で

ココロを決めるかーなんて思っていたのに、

再び、地元路線が浮上。



んで、どうなわけ?

あたしのこといるの?

いらないの?



そうやって振り回された挙句、いりませんってなったら

あたし相当へこむんですけど。



っていうか気持ち切り替えるのが下手糞なあたしが、

なんとか踏ん切りつけて本社で!って思ってたのに。



興味本位で会うのとかって、本当に面倒なんだけど。

こっちは大体真剣に臨んでいるから、もちろん緊張するし、

一生懸命だし、暑くたってスーツきて頑張っているのにさ・・・。



ということで、また面接。

はぁ・・・。


応援にひと押し。e_01.gif

スポンサーサイト
| その他 | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。