12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
応援にひと押し。→
2007-10-13 (Sat)
華栞を扱うのは本当に不便だった。でもそれ以上にいやだったのは周りの存在が怖かった。
いつまたバレて追い込みをかけられるか分からない…そんな不安に常にかられていた気がする。

雪見でいた時と華栞では同じ言動をしていないだろうか…。
雪見でいた時から常に隣にいたのがある日突然いなくなって、まっさらな新規のキャラの華栞がいて、おかしくないだろうか…。
そんな風に考えてしまい、自然と蒼とも距離を置こうとする華栞。

でも雪見の時と同様、華栞がログインしたことを知ると蒼は内緒話を送ってきた。
彼はPKKの立場上、初心者に対しても極力親切にしていたけれど常にそばに置くようなことはしなかった。

そんないろいろな不安があった。
それでも続けていたのは蒼の存在だった。
――――――――

蒼は恋人は作らない主義だと聞いていたけど、過去に2人いた。
2人とも束縛が激しく好きなようにはやっていたけども口出しがうるさい上にリアルまで求められ、その気もなかった彼は距離を置いたそう。
その経験から恋人を作る気にならなかったと話していた。
華栞に関しては、彼の状況と性格がそうさせた。
その頃の彼はキャラがある程度完成していたし、PKKの行事以外は華栞に対して時間を割くことを優先していた。
そしてもともとサポートすることは嫌いでない性格。
同情してしまいやすい性格が恐らく華栞を恋人にしようと考えたらしかった。
またサポートするのにも華栞は経験者な故にどうやったらサポートしやすいか・されやすいかを分かっていたから楽だったんだと思う。

―――――――

そうしてまた少しずつ蒼との日々を重ねていった。

日々が経つにつれ、周りが恋人を組めばいいのにと段々と言い出した。

2人にはそんな風になるには早いと思っていたけど、特に蒼は考えてないように華栞からは見えた。
多少、疑問を感じはじめた頃、華栞とは別行動をしていた蒼に友人の一人が聞いた。


「蒼には恋人いないの?」


その質問はゲーム内のことを指したのか、リアルのことを指したのか分からないけど、蒼はいないと答えた。

そんな話を聞いた。
ゲーム内に関しての話と判断した華栞は、


「ふーん。いないんだぁ。」

と返した。


「本当はいますよ!俺には華栞がいますよ☆」


そんな内緒話をしながら蒼のいる広場にたどり着いた。

広場はいつもより人が多かった。
様子をうかがっているとどうやら蒼の友人PKKが誰か(多分PK)と口論手前の状況でした。
そんなやり取りが過去を思い出させてとても居心地が悪かった。
その場を離れるかを決めかねていると…突然そこに姿を現したのはKくんだった。


雪見が辞めてからは接続することも少なくなったKくん。
間近で見たのは華栞になってから初めてだった。
下手すると絡みそう…。
人が多いことも柚菜をパニックに陥れた。
パソコンを扱っているだけなのに、冷たい汗が流れ、指先が震えてチャットすらままならなかった。
柚菜は自分で分かっていたよりも深く傷ついていた。

蒼は、柚菜が精神的に弱いことを知っていたせいか柚菜の様子がおかしいことに気付いた。


『華栞?大丈夫か?』


内緒話が入った。
その時には華栞は走り出していた。
柚菜の頭には返事を返すよりも一刻も早くここから離れなきゃ…それしかなかった。


応援クリックよろしくですwe_01.gif



スポンサーサイト
| 彼との出会い(´▽`*) | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。