12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
応援にひと押し。→
2007-07-08 (Sun)
父方の祖父母が好きではない。
そんな自分の心は狭いと思う。
だけど、父に対して好きな部分よりも嫌いな部分の方が多いのでどうしてもその血筋が嫌って思ってしまう。

祖父母共にやはり昔の人なので長男がやはり大事。
当然、孫よりも第一子のパパが大事。
祖母がうちに電話をかけてくる時、出るのが柚菜や弟であっても

「お兄ちゃんいる?」

っていう。
普通、パパいる?とか言わない?

柚菜が幼いときに、パパのコトで相談したことがあった。
その時に柚菜ばかりを責めた。
確かに柚菜にも悪い部分はあったと思うよ。
だけど、その時はパパを肯定する話ばかりだった。
その時に、この人には何を話しても駄目だなって思った。
そして傷付いた。

その祖母が何年か振りにうちにきた。
会うのが嫌で嫌で仕方なかった。
でもパパにお願いされたんだ。

「生きてるうちに会うのもこれで最後だと思うからあってやってくれ。」

って。
パパは柚菜がおばあちゃんを嫌いだなんて知らない。
でもそんな風に言われた。

会った。
やっぱり嫌だった。
目を見て話せなかった。
柚菜はすごくすごく頑張ってお昼も一緒に食べた。
でも本当に嫌でご飯もろくにのどを通らなかった。
でも無理して食べた。

ジムにいくからといってそのまま別れた。
そしてジムに行く前に食べたものを全部吐いた。

ジムに行くのを諦めて、時間を潰した。

フラフラ歩いて、彼に似合いそうな服を見つけた。
買ってあげるよなんて彼に電話しながら他にも物色していた。
そしてだんだんと彼と険悪な雰囲気になった。
柚菜は祖母の件があったからもともとイライラしていたのを取り繕ってたのも悪かったんだと思う。
はっきりと気分が悪い状態で話してるからねって言っておけばよかった。

「もういいっ!あなたには何も買わないよ。バイバイ。」

って言って電話を切った。

でも買ったんだ。
柚菜の気分が悪いのを知っていてもそれを紛らわしてくれようとしていたのは分かっているし、最近の柚菜はまともに彼に対して愛情表現がしてあげれてない。
気持ちを分かってもらう為に贈り物をするのも変だと思う。
だけど柚菜には感謝の気持ちを込めているんだし、普段言葉に出来ないからこそなんだ。
宅配便で火曜につく。

でもその後、本気で喧嘩しちゃった。
それでも贈らなきゃよかったとは思わないんだな。

ごめんね、いつも素直じゃなくて。



応援クリックよろしくですwe_01.gif

スポンサーサイト
| その他 | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。