123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
応援にひと押し。→
2007-06-09 (Sat)
グループを抜けた雪見。
リーダーは理解をしてくれたのでそこは問題はなかった。

Kくんのグループのたいていの人は興味が失せたようだった。
Kくんとその近しい人達の雪見への精神攻撃は変わることはなかった。


ある日、辟易した雪見は広場に行った。
そこにKくんのグループの一人(Kくんに近しい)その知り合いだけど、雪見にはとても懐いている子がいた。
彼は不安定ではあるけど優しい心をもっている。


「雪見大変だね…。オレ何も出来ないけどでもKが周りに何かをさせようと強要したとしてもオレはなにもやらないよ。」


そう言ってくれました。
そしてその隣には蒼(あお:柚菜の現在の彼)がいました。


蒼に会ったのは雪見が別キャラとしてログインした時ぶりでした。


様子を伺っていたがどーやら蒼は雪見を覚えていないよう…。
でも柚菜には感謝の気持ちがあり、蒼が黙っていてくれたお陰で面倒なことにはならず雪見として戻ることが出来たので、お礼を言いたくなった。


1:1(内緒話)をとばす。



「タイマンしようとKくんがしつこかった時に一緒にいた捨てキャラを覚えてる?
あの時のメインがこれです。
あの時は黙っててくれてありがとう。」



「ゴメン。
覚えてなかったけど思い出したわ。
こうやってみると雪見の家族欄って海人の有名どこばっかでみただけで海人ってわかるわ。
オレとやり合ったことある?」



そうか、蒼は陸人なんだ…。
関わり持ってるとまたKくんらになにか言われるのかな…。



「蒼は陸人なんだ。
家族みても分からなかったw
たぶん戦ったことはないよ。
雪見は古い人だししばらく休止してたからw」




なんて会話を交わしてその日はログアウトした。

ようやく彼と再会できた。
でもその時は特別な印象は持たなかった。
敵対する関係であったことが分かっても、蒼は嫌悪感を露わにしなかった。
それについても有難いと思った。
そういったしがらみにも疲れてきていたし、またKくんやKくんに関わる以外の知り合いが欲しかったから、ただ単純に知合えたコトは感謝した程度だった。



ようやく2度目の登場の彼we_01.gif

スポンサーサイト
| 彼との出会い(´▽`*) | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。