12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
応援にひと押し。→
2005-06-16 (Thu)
今回のありがとう

『そんなつもりじゃなかったんだからもぅ2度と同情とか拾われたとか言うな』

コレは何かといいますと。
前にちょろっと出た話で今の柚菜のゲームキャラは2代目なんです。
1代目の終わり頃に彼と出会ったんですが、終焉を知ってるんですね。
柚菜は引退を決意し、知人に挨拶周りしてたんです。
彼はその一番最後に挨拶した人なんです。
誰に引き止められても心は迷わなかった。
だけど、彼に引き止められて残るコトを決めたの。
だってね、スキだったんです。
知り合ってから終焉の日まで一緒にいたりとか会話をしたりとかほんの数時間だと思う。
だけど、スキだったの。
異性としてっていうより人間性に惚れてたと思う。
なんか彼といると ほわん(〃∇〃)  って気持ちになるんです。
んでもって彼、にぶいからスキだよ~っていったときもぴんとこなかったらしく、振られることも避けられることもなく、楽にいられる相手だったんですよ。
当時、柚菜にはゲームで恋人いましたから本気にはとらなかったんでしょう。
最後の挨拶をしてた時もまさかこんな話になるとは思ってなかったんです。
一人一人バイバイって言って回ってた。
そして最後に彼・・・。

20071115140702.jpg



ちっさい白は柚菜の昔のキャラの名前。
好きだった彼にそんなコト言われたら誰だって迷うでしょう?w
この後、3時間半かけて説得されましたw
柚菜の決意はそれほど固かったんです。
でも彼のコト好きなキモチが勝っちゃいました。
柚菜からしたら最後の日で

柚菜がよっぽど可哀相に見えたんだろうな・・・同情か・・・。
柚菜の最後の日に彼とうまくいきそうとか・・・まるで拾われたみたいだな・・・。


そんな感覚だったんです。
冒頭の一文はそぅ思ってた柚菜にたいして彼が言った言葉です。

ではなぜそもそもそんな話になたかというと・・・。

1代目終り←これなぜ終りにしなきゃいけなかったかというと、
簡単に言ってしまうと、追い込みかけられたんです。
愛憎劇です(´Д`;)


オマエのコトがスキだ。
でも振り向いてくれない。
そんなオマエはみたくない。
だからオレは仲間使って、オレの前からオマエがいなくなるようにする。
そのためにはオマエ傷つけるのもやむをえない。
キモチに応えないオマエが悪いんだ。



そんな感じです。
うっといです(´Д`;)
時代錯誤です(´Д`;)
まぁそんな感じで嫌がらせ、騙し、裏切り、そんなんばっかで疲れちゃったんです。
そんな状況に追い込んだ、時代錯誤くんは既に引退済みだったんですが、ひょっこり戻ってきたんですね。
そんなわけで柚菜はパニクッたんです・・。

だって急に現われるんだもん。
ずっといなかったし、彼に癒されてたから、アイツ見てもダイジョブだと思ったんだもん(・ェ・、)

そんなわけで彼とまた長電話です~。
柚菜を慰め、話を聞き出し、間違ってるところを修正し・・・そんな感じです。
いつも柚菜は泣くのをこらえるんですけど、だいぶ泣いてしまいました。
だって優しいんだもん・・・w
本当だったら他の男のコトで心痛めるとか彼からすればもってのほかです。
さすがに柚菜がそんな状態だったら無理ですけどねw
そんな中で最後の日の出会いについての話になって、
自暴自棄になってる柚菜が彼に対して


傷付けられて、本当に嫌な思いをさせられてどれだけ辛かったか分かる?
引退しようと決めたコトがどれほどの決意だったか分かる?
それを同情にせよなんにせよ、アナタに拾われたのよ。



って言ったんです。
そんで彼、プチ怒り・・w
そして冒頭の一言。

うれしかったなぁ~。
だって、可哀相とか思われて、オレが引き受けるみたいなコトを言ってて、
実際好かれなかったら、OUTですよ。
今があるからいいのかもしれないですけど、そりゃ~さ~、同情より愛情でいられたほうが断然嬉しいじゃないですか~。
まぁ、柚菜はテンパって卑屈になってただけですね・・・。
彼の一言で柚菜の中の混沌から抜け出すきっかけになりました。

ありがとう。
いてくれてありがとう。
スキになってくれてありがとう。

1回↓クリックPLEASE(・ェ・*)
b_04.gif


スポンサーサイト
| 彼がだいすきっ! | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。