12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
応援にひと押し。→
2007-10-28 (Sun)
一度『愛してる』という言葉を使ってしまうと、それはことあるごとに聞きたくなり、囁いてくれないと囁いてもらう為にこちらも使う。
麻薬。
柚菜は彼の『愛してる』ジャンキーになった。

恋人を組んだ当初、長く続かないと思った人達は、その考えを覆し、疑うことがなくなるほどに2人は甘く、蒼は人が変わったようだと言われていた。
そんな蒼に戸惑っていた人もいただろう。
それほど2人は強かった。
喧嘩も嫉妬も消化していった。
もちろんきちんと都度話し合ったからだ。

蒼はよく雪見の記憶に嫉妬をした。
PKのようなろくでもない連中と付き合ってきたことを理解が出来ないとよくこぼしていた。
蒼はPKKの中にいたから分からないだけであって、プレイスタイルだけで人を判断するのは早計だと思った。
いい人だっている。
PKKの中にだってそれこそ問題ある人がいた。
そのことではよく衝突した。

華栞だって不満はあった。
蒼と行動を共にするので最後まで慣れなかったことがひとつあった。
それは陸に行くことだった。
陸にはPKとしての雪見が戦った連中、つまりは蒼の仲間が住んでいた。
そこに行き、その連中と話す事が慣れないどころかそれを通り越して嫌だった。

お互いの立場を理解出来ない以上そのことについて話題をさける事を提案したのは華栞だった。
襲撃に行くのは構わないけど、誰とやり合ったかやかつての仲間だった人を蔑むのを辞めて欲しいとお願いしたが、結局、蔑みの言葉を多少和らげただけだった。


やがて蒼は業を煮やしたのか、PK仲間やその時代に知り合った連中とは電話で話すことやメールをすることを禁じた。
特に雪見に親切で関わりの深かった人を嫌った。
そのことでは随分もめた。

それを爆発させた後に蒼が言った言葉がある。
柚菜の誕生日が過ぎたことを知った蒼が、


「いつが誕生日だったの?言ってくれたら良かったのに…。」


そう言って慌てて用意したゲーム内で華栞の欲しがっていたものをくれた。


「喧嘩なんてするつもりはなかったのに…。」


そんな蒼に、


「お礼とお返しに今一番欲しいものを教えて。」



「欲しいものはもう手に入ってるから。
俺の欲しかったもの=人。
華栞だから。」



違う。
手に入ったっていうのは結果だから・・・。
その時そう言ったけど、それしかいってくれなかった。

甘い言葉に甘い時間。
思い出したらいまでもニヤけてしまう言葉。

応援クリックよろしくですwe_01.gif




スポンサーサイト
| 彼との出会い(´▽`*) | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-10-25 (Thu)
恋人をくんでも蒼が華栞に対する態度は、変わらず優しかった。
そして前よりも華栞に対する愛情が深くなったようだった。
それは華栞に対して囁くというよりも華栞を通して柚菜に囁いているように思えた。

『好き』

という単語は恋人を組む少し前から使っていた。

『愛している』

という単語は意識的に使わなかった。
蒼には使ってはいけない言葉だと思っていたからだ。

でもある時その考えは崩れた。

蒼がある襲撃でムキになってしまい、華栞をほったらかしにした。その間、華栞は蒼と華栞の為になるイベントをせっせとこなしていた。

襲撃から戻って詫びた蒼を責めずにそのことだけ伝えた時に、


「華栞のこと愛してる。」


初めて言われた。


「華栞はこんなやつのこと愛してる?」


と聞かれ、素直に応えた。

それからは

『好き』

よりも

『愛してる』

がもっぱら増えた。
蒼は基本的にストレートに感情を表現した。
蒼の為にとなにかをすると、


「華栞はいつからそんな愛しい子になったんだ。」


といい、
機嫌の悪い蒼をなだめたり、間違っている所を指摘したり、励ましたりすると、


「華栞は母のようでもあり子供のようであり全部ひっくるめて大事な恋人だ。」


と言った。

その辺りからゲームの世界で会話していることが現実世界への浸蝕して、彼がつくる蒼が好きなのか蒼を通しての彼が好きなのかはわからなくなっていた。
ただ、彼が初めに言った、ゲームを越えての恋愛は有り得ないというその言葉から、彼ではなく蒼が好きなんだと思い込むようにした。

たぶん蒼に彼がいるのかを聞かれたのはこの頃だと思う。
柚菜にその時彼氏がいたけれど、彼氏と時間を作るよりも蒼と過ごす時間に重点を置き、その為には積極的に時間を作っていた。
そんなつもりで


「いるようないないような状態。一応はいるかな。」


そんな曖昧な答えを聞いて蒼はいないと解釈してしまった。
そのせいで柚菜は後々まで苦しむことになった。


応援クリックよろしくですwe_01.gif

| 彼との出会い(´▽`*) | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-10-25 (Thu)
日曜に飼っている猫のうち1匹が家出をしてしまっていたんです。
それが今日ようやく捕まえました。

今は風邪を引いています。
家出されていた当日は寝込んでいたんです。
でも大切な家族がそんな状態なのに寝込んでるわけにもいかず、重たい体を起こして探しに行きました。
風邪で会社を休んでも、その子を探すことはやめませんでした。

彼にも随分八つ当たりをしたと思います。
それでも根気よく柚菜に付き合ってくれました。
柚菜が自分の体を心配しないもんだから代わりにって言うのもおかしいけれど、彼がとても心配してくれたんです。
当然、柚菜の耳にはそんな言葉は届きません。
だからたった4日の間に随分喧嘩もしました。
彼もちょっとした事情でとてもナーバスになっている時期なのに・・・。

自分が必死だったので感謝の気持ちを持つことが出来なかったんです。
つくづく心が狭いんだなー・・・と反省。

それにしてもネコが戻ってくれてよかった。
なんだかちょっぴり野生化していたんですが、一生懸命名前を呼んで思い出してくれたのか、こちらに反応を示したんです。
心を十分に通わせていたと思っていたのに、寂しかったという気持ちもありますが・・・。
今は疲れて眠っています。
本当によかった。

おかえりなさいって寝てるネコにささやきました。
あと彼に感謝の気持ちを伝えないとね♪


応援クリックよろしくですwe_01.gif







| その他 | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-10-21 (Sun)
ほどなくして蒼はゲームに接続することが困難になった。
仕事が繁忙期に入ったのだった。
それまでは1日と開けずにゲーム内で過ごしてきたのにそれがなくなる…。
その時に自分はどう感じるんだろう…。

案外平気な気がする。

3、4日過ぎた。
意外と平気。
周りを見渡すとそこら中に恋人登録している人はいる。
けれど幸せそうに見えるカップルは決して多くない。
なぜ一緒に行動しないんだろうか。
雪見ではいつだってそうしてきたのに…。
雪見や華栞が恵まれていたんだろうな。

蒼がいない間に少しでも足手まといにならないように強くなろう。

そう考えるとなんだか頑張れる気がした。


1週間が過ぎ、10日が過ぎ、15日が経った。
―――寂しくなっていた。
メールはきていたけれどそれでは寂しさを紛らわすには足りなかった。
寂しいとは伝えた。
でもそれは必要最小限に押さえた。
窮地から救ってくれた蒼にはこれ以上何一つ迷惑かけたくないから。


蒼も寂しいと言ってくれた。
蒼はどうやら華栞をきちんと好きで大事にしてくれている。
そして華栞を通して柚菜をも見ていたようだった。
柚菜や彼のやっていたゲームは恋人登録があった。
もちろんゲームを越えて恋愛している人も多かったし、ゲームだけと割り切っていても浮気や嫉妬という概念がもちろんあった。
その為、その感情を勘違いしてしまうことも多かったのだった。


15日が過ぎて、蒼に時間が出来たらしく、久しぶりに一緒の時を過ごした。
あえない間は、華栞の相手が出来ないことを詫び、華栞にあえなくて寂しいとメールで伝えてくれていた。

まず蒼がいなかった間の出来ごとを報告した。
広場や人の溜まり場に華栞が近付かなかったことや蒼のいないゲームはつまらなかったからあまりキャラが成長していないこと、周りの人に蒼の不在の理由を聞かれるのがなぜか華栞にだったことを。


「そろそろいいか。」

彼が言う。

「華栞、こいっ」(←エラそう…)


―そして蒼とは恋人になった。

当初は華栞がある程度の強さを得たらという話だったのに。
それには訳があった。
雪見の代わりだと思われない為。
それと蒼がPKKだったのでPKから恋人関係にあるものが1番狙われやすい為。

それでも登録したのは、華栞を寂しがらせてしまったそのお詫びとこれで少しは寂しさを紛らわせることができるんじゃないかという希望と華栞を独占する為の欲からきていた。


「これからよろしくね。嬉しいし、とっても幸せだよ。」

「…。」

無言の蒼。

その時、蒼には内緒話が殺到していたのだった。

家族を組むとゲーム内にメッセージが流れるから周知の事実になる。
恋人は作らないと宣言していたので周りは驚いていたらしい。
でもそれが雪見と登録していたとしたらもっと驚かれ、非難も多かっただろう。
本音を言えるのであれば、雪見として恋人を組みたかった。
それだけの覚悟を蒼に見せて欲しかった。
立場があまりにも違う2人。
周囲の罵倒や非難を浴びたとしても2人の気持ちが固いことを知らしめたかった。
お互いが相反する立場をひどく嫌っていた上でもそれでも登録するんだということを。

雪見はほぼキャラが完成しているその反面、華栞はまったくの駆け出し。
なかには蒼が華栞を扱って自作自演だと思ってた人もいた。
蒼を想っていた人にはずいぶん恨まれただろう。

それでも蒼が言ってくれた言葉に酔っていた。

「やっとや。
安心してな。
俺は華栞以外には好きにはなれないから。」



応援クリックよろしくですwe_01.gif




| 彼との出会い(´▽`*) | COM(6) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-10-20 (Sat)
今日は恋愛とは全く関係のない話。

うちにネコが4匹います。
今日、その全部が家出しました(笑)
今は全員もう捕まえましたが、それぞれ性格が出ていて面白かった。
せっかく外に出たのに、ぼーっとしてる子。
いそいそとどこかへいってしまった子。
近くで遊んでる子。
怖くて動けない子。

そしてうちにさらに家族が1匹増えました。
これからよろしくねん♪

| その他 | COM(1) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-10-16 (Tue)
誰もいない静かな場所にたどり着いた華栞。
一呼吸ついて涙がこぼれた。
蒼の問掛けにも答えなかった。
完全に柚菜は混乱していた。
柚菜が泣いてから落ち着くまでの間、蒼は柚菜が華栞を操りだすのを待ってくれていた。
やっぱり蒼は優しい。

――――――――

30分ほどそうしていただろうか。
ようやく落ち着いた柚菜は素直に蒼に詫びた。
自分でも驚いたことだから蒼なんてもっと驚いたと思う。

そんな柚菜に彼は、

『俺と華栞の周りが騒がしかったら華栞をそこから連れ出すようにする。』
そんな風に言ってくれた。

『いいんだよ。
蒼はその場にいて。
華栞が離れるから。』


『華栞、つっぱるな。
甘えろ。
状況によりけりだけど、華栞を1人には出来ない。』


『そんな甘えていいのかな…。』

『俺が華栞の安定剤になってやる。
もっと甘えてくれていいんだよ、俺の恋人なんだから。』



続けて蒼は、勤務シフトも固まり次第教えてくれると言ってくれたし、携帯も持つからと言ってくれた(当時会社携帯しか持ってなかった為)。
当時からすでに、だいぶリアルまで踏み込んでいた…。


その日の夜は、やはり眠ることがなかなか出来なかった。
柚菜は自分で認識していたよりも深く傷付き、自分で意識していたよりも蒼に負担にならないようにとしていたことが柚菜のバランスを崩していたからだった。

そのことについて素直に綴ったメールを蒼に送ったことの返信がこれ。


「華栞のことを迷惑に思ったり、足手まといと思ったことはない。
これから一緒に過ごしていこうな。
華栞は最高の恋人だよ。」



引退の間際で、彼が柚菜を説得する為に言ってくれた言葉は本当だった。
彼を信じて良かった。

柚菜がゲームで望んでいた擬似恋愛は十分叶ってもいた。


応援クリックよろしくですwe_01.gif



| 彼との出会い(´▽`*) | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-10-13 (Sat)
華栞を扱うのは本当に不便だった。でもそれ以上にいやだったのは周りの存在が怖かった。
いつまたバレて追い込みをかけられるか分からない…そんな不安に常にかられていた気がする。

雪見でいた時と華栞では同じ言動をしていないだろうか…。
雪見でいた時から常に隣にいたのがある日突然いなくなって、まっさらな新規のキャラの華栞がいて、おかしくないだろうか…。
そんな風に考えてしまい、自然と蒼とも距離を置こうとする華栞。

でも雪見の時と同様、華栞がログインしたことを知ると蒼は内緒話を送ってきた。
彼はPKKの立場上、初心者に対しても極力親切にしていたけれど常にそばに置くようなことはしなかった。

そんないろいろな不安があった。
それでも続けていたのは蒼の存在だった。
――――――――

蒼は恋人は作らない主義だと聞いていたけど、過去に2人いた。
2人とも束縛が激しく好きなようにはやっていたけども口出しがうるさい上にリアルまで求められ、その気もなかった彼は距離を置いたそう。
その経験から恋人を作る気にならなかったと話していた。
華栞に関しては、彼の状況と性格がそうさせた。
その頃の彼はキャラがある程度完成していたし、PKKの行事以外は華栞に対して時間を割くことを優先していた。
そしてもともとサポートすることは嫌いでない性格。
同情してしまいやすい性格が恐らく華栞を恋人にしようと考えたらしかった。
またサポートするのにも華栞は経験者な故にどうやったらサポートしやすいか・されやすいかを分かっていたから楽だったんだと思う。

―――――――

そうしてまた少しずつ蒼との日々を重ねていった。

日々が経つにつれ、周りが恋人を組めばいいのにと段々と言い出した。

2人にはそんな風になるには早いと思っていたけど、特に蒼は考えてないように華栞からは見えた。
多少、疑問を感じはじめた頃、華栞とは別行動をしていた蒼に友人の一人が聞いた。


「蒼には恋人いないの?」


その質問はゲーム内のことを指したのか、リアルのことを指したのか分からないけど、蒼はいないと答えた。

そんな話を聞いた。
ゲーム内に関しての話と判断した華栞は、


「ふーん。いないんだぁ。」

と返した。


「本当はいますよ!俺には華栞がいますよ☆」


そんな内緒話をしながら蒼のいる広場にたどり着いた。

広場はいつもより人が多かった。
様子をうかがっているとどうやら蒼の友人PKKが誰か(多分PK)と口論手前の状況でした。
そんなやり取りが過去を思い出させてとても居心地が悪かった。
その場を離れるかを決めかねていると…突然そこに姿を現したのはKくんだった。


雪見が辞めてからは接続することも少なくなったKくん。
間近で見たのは華栞になってから初めてだった。
下手すると絡みそう…。
人が多いことも柚菜をパニックに陥れた。
パソコンを扱っているだけなのに、冷たい汗が流れ、指先が震えてチャットすらままならなかった。
柚菜は自分で分かっていたよりも深く傷ついていた。

蒼は、柚菜が精神的に弱いことを知っていたせいか柚菜の様子がおかしいことに気付いた。


『華栞?大丈夫か?』


内緒話が入った。
その時には華栞は走り出していた。
柚菜の頭には返事を返すよりも一刻も早くここから離れなきゃ…それしかなかった。


応援クリックよろしくですwe_01.gif



| 彼との出会い(´▽`*) | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-10-12 (Fri)
雪見としての生活が終わってから3日ほど過ぎて、蒼からメールが届いた。

「ねぇ、まだ入ってこーへんの?」

続けることに悩んでもいたし、蒼からも連絡はないだろうと思っていた時だった。

名前を決めかねているんだと答えた。

「そーだなぁ。俺が呼びやすい名前がいいな。でもそんなことより早く入ってきなよ。」

そんな風に返ってきた。


さらに2日が経ち、


「今日ならゆっくり居れるからおいで。」

物凄く悩んだけれど、結局はゲームに対する愛着と彼の存在に負けた。

そんな風にして華栞(かな)が誕生した。


華栞を使うことは大変だった。
不便を感じるばかりでちっともゲームを楽しめる気持ちになれなかった。
かと言って雪見時代の仲間と話すことなんて出来い。
蒼に禁じられていたのはもちろんのことだけど、柚菜自身もどこから漏れるかも分からない為に友人をみかけても、素通りするしかない。

蒼を除けば本当にひとりぼっちだった。
蒼がログインしていなければ華栞は早々にログアウトしていた。
一緒にいても不便に感じるし、全くレベルが違うのでどうしても蒼に付き合わせている形になり申し訳ない気持ちでいっぱいになったから。
でもそんな風に感じていたのは柚菜だけのようだった。
蒼は華栞ともっといろんな所に行けるようにと頑張ってくれていた。
(あまりにもレベルあげしない柚菜をたしなめたりもした。)

少しずつではあったけれど、知り合いも増えてきた。
蒼とは雪見でいた時からも一緒にいたけど、その時よりも周りに人がいることが多かった。
やはりそれは雪見がPKで蒼がPKKだったことが影響していたらしい。
誰も華栞が雪見だとは気付かなかった。
話し方を変えていたのもあるけれど、華栞が人との接触を極力避けていたせいもあった。
PKを毛嫌いしていた蒼が雪見をそばに置くとは誰も思わなかったんだろう。

そんな風に段々と華栞に慣れていった。

応援クリックよろしくですwe_01.gif





| 彼との出会い(´▽`*) | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-10-11 (Thu)
柚菜が不安になっていることを察したのか、前に柚菜が彼にお願いしたコトを急に思い出して実行し始めた。

そのお願いとは・・・、

これから毎日柚菜のことがどれだけ好きかを教えて

とかって変なお願い。
それを言った時もたぶんなにかわけの分からない不安に襲われた時だったんだと思う。
その時から毎日そういった気持ちを伝えてくれてはなかったんだけど、ここ3日くらい続けてそれらしきことを言い出した。

たぶんなにかしら柚菜の気持ちが伝わって彼もまた同じ気持ちになったんじゃないかな。

なんにせよ嬉しい。
でもだからといって、柚菜が彼になにかを言ってあげることはしていない。

柚菜ってずるい。


応援クリックよろしくですwe_01.gif



| 彼がだいすきっ! | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-10-07 (Sun)
この前、彼とあった回数を数えてみた。
・・・少ない。
びっくりした。
もっと逢ってるように思っていた。
柚菜たちって可哀想ねって言って、ふふっって笑った。

たいして逢ってない割にはちっとも溝なんて感じない。
けど触れ合いが少ないのは事実で。

それを考えると、彼を好きって気持ちを不安に思うのも無理ないんじゃないかなって思う。
彼のコトは嫌いにならない。
だけど好きなのかどうか不安になったことならある。
| 彼がだいすきっ! | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-10-06 (Sat)
「俺もさ、やめてくヤツ何人もみたよ。一応は引き止めるよ、仲良いヤツは特に。辞めて欲しくない、寂しいって思うけど強くは引き止めたりしないんだよね、結局はソイツの意思なんだしさ。」
だったら雪見も見送ってくれよ…。

――――――

蒼のこといいなと思ってた。
でも柚菜はゲームで恋愛しようなんて思ってなかった。
あくまでもゲームの中だけでの話。
でも人間的にいいなと思ったからこそ、惹かれたんだと思う。
でも引退と共に当然、さよなら。
構わなかった。
黙っていたら彼はさらに続けた。

「ねぇ、雪見。ホントに雪見は辞めるの?
キャラ変えたりして続けるんじゃないの?」


「やらないよ。
そのためにアンインストするんだって。
雪見は誰かがいてくれないと駄目なんだよ。」



ただ誰かと楽しくゲームがしたいだけだった。でもそのせいでこんな目にあった。
でも1人は嫌だった。


「ここだけの話仮に俺が雪見の傍にいてあげるって言ったら続けるん?」

―――――

思いがけない蒼の言葉…。
前に蒼は恋人を作らない主義だと公言していた。

雪見にも一応Oくんの名前があった。
そんなのもあって「蒼のこと結構好きなんだけど。」とサクッと言っても蒼が真剣に受け止めるでもなく避けるでもなく普通に接していた。

――――――

黙っていると…雪見と向き合う格好になり、

「雪見。
リアル連絡取って。
俺もリアル落ち着いたらもっと真剣に考えるから。」


そう言われた。
それでもまだ決めかねていた。
3時間半もかけて説得された。


雪見はPK。蒼はPKKという敵対関係。そしてKくんの嫌がらせの2つが問題だった。
それに対処するには、新しいキャラを作って1からやり直すことしかなかった。
ここまでずっとやってきて1からなんて考えられなかった。
でも…蒼の気持ちが嬉しかった。一緒にいたかった。

決めかねる…。
蒼なら間違なく雪見をまもってくれるだろう。柚菜の新しいキャラがある程度の強さを得たら恋人になろうとも言ってくれた。
でもPKKなんて大っ嫌い…。

悩む…悩む…。
そして朝になった。
決断をくださないままそれぞれログアウトした。




応援クリックよろしくですwe_01.gif

| 彼との出会い(´▽`*) | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。