12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
応援にひと押し。→
2007-08-26 (Sun)
最近、少し精神状態が思わしくありません。
気が滅入ったり、体が動かなくなったり・・・。
そのせいで彼にもひどい対応をしてしまったり・・・。

でも彼はそんなに柚菜をめげずに相手をしてくれています。
すごいなーと思う。
たぶん逆の立場に立たされたらきっと面倒だなって思うかもしくは腹を立てていずれにせよ彼のコトを放置してしまいそうな気がする。

ここに感謝の気持ちを彼に。

アリガトゥ 。゚+.ヾ(´∀`*)ノ

゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆゜・:,。゜・:,。★

さてこの前、電話していた時のコト。

いつも柚菜は彼が起きていればなんだけど、地元の駅に着いたら自宅につくまでの間、彼に電話する。


「もしもーーーし」


「おう。柚菜かー。今ついたんか?」


「柚菜なんか??柚菜やろっっ!!」


はっっΣ(゚□゚*?


今のおかーさんだよね?酔ってるの?(小声)


「代われ代われって鬱陶しいねん・・・。柚菜、喋るか??」


もちろんそのやり取りもおかーさんには聞こえてるハズ・・・。
だと思うと断るわけにはいかないじゃないですかーーーっΣ(´Д`lll)

というわけで。


「柚菜ちゃーん。こんばんわー。はじめましてー。」


「こんばんわー。○○さんにはいつもお世話になっています柚菜ですー。」


「あーはじめましてじゃないねぇ。前に話したことあったもんねー。今帰りー?大変やねぇ。」


人の話聞いてねぇ・・・。


そこで彼が電話を取り上げてくれたので、彼と話した。
自宅に着いたので電話きった。

それから2時間後。

また彼に電話する。
すると今度は勝手におかーさんに代わられてしまった。
そして柚菜のことを好きだといってくれる。
弟さんの奥さんのコトを嫌いやーってなぜか柚菜に公言する・・・。
おかーさんにお会いしたこともないのに、なぜ好いてくれるのかという疑問をぶつけると、


「電話で分かんねんー。今帰りやろー。大変やなぁ。」

おかーさん・・・柚菜は2~3時間かけて自宅に戻るのですか・・・。
大阪にいけてしまいますよ。

そこでまた彼が電話を取り返す。

はぁ・・・疲れたΣ(´Д`lll)

でも正直好きって言ってくれたのは嬉しいです。
近いうちに彼宅にお邪魔して一緒に飲みましょうと約束なんてしっちゃったりして。


応援クリックよろしくですwe_01.gif








スポンサーサイト
| その他 | COM(2) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-08-26 (Sun)
Kくんはとうとう、ところかまわず中傷してくるようになった。
無視できていたものがどうにも許せなくなってきた。


ついにKくんやその近しい仲間達と直接話すことになった。

「あなたたちは雪見をどうしたいの?」

と聞いた。

「お前は空にいるなっ!海に戻れ!!」

とKくんが言う。

すかさず1:1が入る。

『雪見が俺をみてくれないことはもう十分分かった。
だけど雪見の姿を見てしまう以上また望んでしまう。
誰かと一緒にいる雪見を見て俺は辛くなる。
でも辞めてほしくないんだ!!!』


Kくんの様子がおかしい。
オープンでは雪見を中傷し、1:1では雪見に泣き言を言う。


「海にはいれないよ…。」


「だったら陸にいろっ」

吐き捨てるように言う。


『どこにもいかないでくれっっ!
俺の側にいてくれ…。』


「元々、あたし達は海人で陸人と戦ってきた。雪見は陸人によってPKにされたっ!
いまさら陸人にとけこめないし、陸人だって雪見を認めないでしょう。それよりもなにより雪見自身が陸人になりたいと思わない。
だからそんなことは出来ない!!!」



「じゃあこの世界から消えろっっ!!!」

『わかってくれ…柚菜。』


名前を呼ばれた…。

Kくんの周りの子達に言う。


「二人にしてくれるかな…。」


もう少しで終わりますwe_01.gif

| 彼との出会い(´▽`*) | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-08-16 (Thu)
結局、彼には言わなくていい秘密・言わなければならない秘密の両方を話しました。柚菜から聞くその話はきっと彼には突拍子もない話だったと思います。
本当はもっと早く話せば良かったんでしょうけど、やはり怖かったんです。
受け入れてくれるのか、柚菜に対する見方が変わってしまうんじゃないか…そんなことで考えあぐねて、話すのが遅くなったんです。
信頼関係築いてるはずなのにね…。


彼は受け入れてくれました。
当然最初は困惑してましたけど。


彼の突然話す気になったのはなぜ?の問掛けに柚菜も疑問を感じた。
いずれ話さなけはればならない秘密。怖かった為に話すのが遅くなった。じゃあなんで今のタイミングで話そうと思ったのか…そのきっかけが分からない。
彼が柚菜にかけてくれた言葉で、この2~3日悩んで、そして唐突に話をした。


なぜだろう…。
前から2人頑張ってお金を貯めて同棲・結婚しようねと話していた。だからそれじゃない。
(彼はそのことだと思ったらしいけど)
将来的な意味では信用してる。
(飲み会とか遊びはもちろん信用しないけど)


柚菜が始めたカミングアウトだけど彼からもカミングアウトがあった。
比重で言ったら柚菜のが当然重いんだけども、気持ちで考えたらきっと同等に怖かったんだと思う。
| 彼がだいすきっ! | COM(1) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-08-12 (Sun)
柚菜には彼に対しての秘密にしていることが、大体2つあります。
1つは別に話さなくてもよさげな秘密。
でももう1つは今後を考えると話しておいた方がいい秘密。
ここ2~3日、いおうかどうか悩んでいました。

そして今日、カミングアウトしました。
電話で。
でカミングアウトしたところで電話の電池がなくなった。

彼は驚いていた。
そこで電話が切れてしまった。

彼は今何を考えているんだろう。
別れを考えていたらどうしよう・・・。

でもその秘密は避けては通れない道。

みなさんは重大な秘密かかえていますか?
そしてそれは相手に話をしましたか?
どうなりましたか?

怖い・・・。



応援クリックよろしくですwe_01.gif

| 彼がだいすきっ! | COM(5) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-08-11 (Sat)
最近、お疲れモードです。
ある意味パターン化してます。

新しい環境に飛び込む→慣れる為に気を張る→疲れる→体調崩す→治る頃に慣れる→疲れがドッと出る

こんな感じ(笑)


彼はそんな柚菜の様子を感じ取って、

「もっと時給安くてもいいから、家から近い所にしてほしい。大手企業じゃなくてもいいんだよ。」

と言う。


柚菜が今回大手にこだわったのは、悔しいから。
リストラくらったんだもん。もっといい所に行ったら「アイツ能力高かったんだな」って思われたら見返すことになるかなって。
ま、要はつまらないプライドから来てる。んで家から遠いところになったのはそっちの方が時給が高いからなのと大手企業がその辺りに集中してるから。
そして時給が高いとこを狙っていたのは、貯金を彼だけに任せていると信用ならないから。いつまで経っても同棲すら始められそうにもないから。


彼は別に柚菜に貯金をたのんでいるわけではなく、彼一人で貯めようと考えてる。
だから柚菜が貯金をしようと考えてるのは、「少しでも早くあなたと暮らしたいのよ」というアピール&「あたしだって頑張ってるんだからあなたも頑張ろうね」という尻をたたくつもりでなんです。

そうなってくるとまた彼を信用していないという話になってしまうんですが、彼にはすでにきちんと柚菜の思いを話してある。
信用出来ないのは彼の今までにある背景のせいなんです。

彼は元チャラ男なんです。
ここにぶちまけてひかれても困るので書きませんが、奴はひどい男です。

「柚菜に出会って初めて愛するということを知った。いわば初恋なんだよ。」

本音を言うと、そんなやつだったのが柚菜のためにお金を貯めようと頑張ってくれたりマメに連絡を入れてくれたりとか…信用できちゃう。

それで彼を信用したら彼の思う壺じゃんね。


そんなわけで彼なんて信じない。男なんかその場の雰囲気でフラッとなることもあるんだなんていうやつだからね。


でも柚菜は彼を言いくるめる為に好きだから心配なんだよって言う。
それでヘラヘラ。
彼って単純だ。


応援クリックよろしくですwe_01.gif

| 彼がだいすきっ! | COM(0) | TB(0) |
応援にひと押し。→
2007-08-04 (Sat)
前回の記事…あんなんじゃ彼のことを信用してませんって言ってるようなもんじゃないねー。
結局、彼があの日3時間いたらしく顔出すってんでなくフルに参加してた。

「なにもなくってつまんなかった。」

といって帰って来た彼。
なにかあったらこまるっちゅーの!!!!

そして次の日。
昼間に「今日残業だから」ってメールが入った。
彼はその辺りはきちんとしてる。
仕事が定時に終わると家に戻ってから柚菜の携帯に電話が入るんだけど、大体がいつも同じ時間帯でほぼぶれがない。
そして残業ならきちんとそれも言ってくれる。
そこまでは完璧なんですよ。
柚菜が強要したわけでもないのにそれはキチッとやれる。すごいと思う。そーいうこと出来る人のが少ないと思うからね。


…なんだけど、例えば会社の仲間とそのままお茶してたりご飯食べたりする時は言ってくれない。

その辺はなぜなのかを彼に聞いてた。
彼はそういった会社の付き合いは仕事の延長だと思ってるらしい。

でも柚菜はそれは違うと思う。
例えば労災で考えてみて。
仕事が終わってその帰りに怪我した場合は労災の申請も通る。
だけど、彼の考えるようなお茶やら食事した場合では労災の申請は通らない。

そんな風に話したら違いは分かってくれた。
んで今度から連絡するようにするってことだった。

なんにせよ柚菜はワガママなんだってことなんだよね・・・。
でも柚菜に限らず、女の人って基本的に相手がどんだけ自分を想ってくれたところでも疑ってしまうんじゃないかと思ってる。


応援クリックよろしくですwe_01.gif

| 彼がだいすきっ! | COM(2) | TB(0) |
応援にひと押し。→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。